写真やイラストを記事に入れる時にalt属性も記載してしまう方法

写真やイラストを記事に入れる時にalt属性も記載してしまう方法です。

写真やイラストを記事に挿入してもGooglebotはその内容を理解出来ません。

そこでalt属性と呼ばれるGooglebot用の内容通知機能を使って

写真やイラストの内容を伝えるようにします。


Googlebotとは、あなたのサイトの内容を確認するネット上の巡回屋さんです。

写真やイラストの内容を伝えるにはalt属性を使って説明します。



写真やイラストを挿入と同時にalt属性も入れる

今回はWordPressで、

写真やイラストを挿入する際に同時にalt属性も入れる方法についてです。


WordPress

まず写真を希望のサイズに縮小して

デスクトップへ保存しておきます。


次にWordPress管理画面の左サイドバーにある

「メディア」から「新規追加」をクリックすると

次の画像が出て来ます。

写真やイラストをアップロードする

「ファイルを選択」をクリックします。

デスクトップからイラストをアップロードする ←画像は大きくなります。

新しいページがポップアップで表示されますので、

左サイドにある「デスクトップ」をクリックして、

WordPressへアップロードしたい画像(デスクトップに保存した)を選択します。


選択すると、自動でファイル名が入力されますので、

最後に「開く」をクリックして下さい。

アップロードされました

アップロードが完了すると上の様な画面になります。

WordPressへ画像のアップロードが完了したら、

記事作成画面に戻り、希望する箇所に画像を表示させます。


イラストを挿入する

WordPress管理画面の左サイドバー「記事一覧」をクリックして、

アップロードした画像を挿入したい記事をクリックします。


次に画像を入れたい箇所にカーソルを合わせ、

「メディアを追加」をクリックします。


すると、「メディアを挿入」という画面が出て、

メディアを挿入する画面

先ほどアップロードした画像が表示されてると思いますので選択します。

すると、右側に次のような表示が出ます。

ここがalt属性などの画像の詳細を設定する箇所になります。

alt属性など画像の詳細を設定する箇所

タイトルがalt属性、つまり写真や画像の説明になります。

出来れば20文字以内、最大でも30文字までで内容を書きます。


次に添付ファイルの表示設定ですが、

配置を「なし」にすると、通常は左寄せになり、

リンク先「なし」は、画像をクリック出来ません。


画像をクリックして大きく表示したい時は、ここで設定しますが、

今回は割愛させて頂きます。


またフルサイズとは、デスクトップに保存した画像の大きさを

そのまま表示すると言う意味です。


そして最後に「投稿に挿入」をクリックすると、

先ほどカーソルを合わせた場所に、画像が挿入されると思います。


今回は、

写真やイラストを記事に入れる時にalt属性も記載してしまう方法

をお話ししました。








サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ