記事は最低でも30回は読み直す

私は作成した記事を、

最低でも30回は読み直してから公開しています。

作成した記事は最低30回は読み直す


記事の書き方に書きましたが、

せっかく訪問して頂いた方に、分りにくくて、有益な情報でない記事は、

アフィリエイターとしては失格だと思うからです。

自分で読んで分りにくい文章が、他人が読んで分るはずがありません。


私は国語が苦手というのもありますが、

最低30回程度は読んでから記事を公開するようにしています。^^;


私のような人は稀かもしれませんが、

少なくとも作って即公開なんて事は、

訪問者に失礼ですので、読み直してみて、

自分が理解できる文章かどうかの確認はしていきましょう。


よく段落や改行もせずにダラダラと文章を羅列してる記事を見かけますが、

私はそういうページはすぐに閉じます。

検索上位に表示されていますので、それなりの文章が書かれてるのでしょうが、

私は読む気がしないです。


専門用語を多用していたりして、書いた本人は分るのでしょうが、

そのテーマの初心者(検索ユーザー)にとっては、

大変わかりにくい文章だと思います。

優しく、分りやすく、サービス精神を持って

初心者フィリエイターが気を付けたいのが、

訪問者を意識した記事を書かないといけないという事です。


池上彰さん方式で記事を書こう!の記事でも書きましたが、

目の前にサイトのターゲットがいるつもりで

そしてサービス精神を持って記事を書いていくようにしましょう。


優しく、分りやすく、サービス精神を忘れずに!

池上彰さんいわく、これらが分りやすい説明に繋がっていくという事なんです。


アフィリエイトの記事も池上彰さんのよに書けたら完璧ですから、

少しでも近づける様にこの点に気を付けていきましょう!


以上で、

記事は最低でも30回は読み直すのお話を終えます。








サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ