アフィリエイトの記事は池上彰さんのように書く

アフィリエイトの記事は、池上彰さんのように

対象相手を想定して話しかける様に書く事が大切です。

記事は池上彰さんのように書く

以前、池上彰さんが出演してるTV番組を拝見した時、

視聴者が池上彰さんへ質問していた内容があります。


視聴者「何故そんなに分りやすい説明が出来るのですか?」

池上さん「話す相手を頭に浮かべて話しをしてます」

池上さん「子供、大学生、40代、高齢者など・・・

人によって理解度が違うので、話す対象に分りやすい様に話してます」



これ、アフィリエイトの記事に関しても共通して言える事です。

例えば当サイトは、初心者アフィリエイターのために

アフィリエイトで稼ぐノウハウを記事にしています。


そこで注意しないといけないのは、私はアフィリエイトの知識はありますが、

始めたばかりのアフィリエイターは知識がほとんどないと

想定して記事を書かなければいけないという点です。



例)私は車に全く興味がありませんが、車に人生をかけれてる男性は多いです。

そんな方から車の整備やタイヤの事を説明されてもほとんど分りません。

私が分らない事を前提に説明して頂ける方なら理解出来るかもしれませんが・・・



この例でもそうですが、よく知らない事を説明される場合、

話し相手が当たり前の事でも分りにくいものです。

誰に対して書いてる記事かを頭に入れながら書く

そこで話し相手は池上さんのように、

話す対象の立場になって話をする事が大切なんです。


つまりアフィリエイトの記事で言うと、

対象とする訪問者が分る様に記事を書くこと

・・・これに他なりません。


私も記事を書く時は、この表現や語句は、

初心者の方に理解できる言葉や文章なのだろか?と問いかけながら、

記事は30回以上繰り返して読んでから公開するようにしています。


皆さんも、記事を書いてる対象者に分りやすい記事かどうかを確認しながら、

記事を書くようにしていきましょう。


当サイトの記事も皆さんに分りやすい記事となってる事を祈りながら、

アフィリエイトの記事は池上彰さんのように書くのお話しを終えます。








サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ