色コードが分るカラーキャッチの使い方

色には色コードと呼ばれる6ケタの英数字があるのですが、

例)赤は「#ff0000」白は「#ffffff」など。

色コードを瞬時に教えてくれる

「カラーキャッチColor Syringe」という無料ソフト

「カラーキャッチColor Syringe」という無料ソフトがあるので、


カラーキャッチがWindows10で動作確認が取れないので、

カラーピッカー「ColorPick Eyedropper」をご利用下さい。

Google Chromeのみ使えます。カラーピッカーの使い方



上記リンクよりダウンロードしましょう。


グーグルアドセンスや物販アフィリエイトをするに当たり、

広告の文字色を変える必要が必ず出て来ますので、

上記ページから「カラーキャッチ」をデスクトップなどに

ダウンロードして保存しておきます。


それでは早速「カラーキャチ」を使用してみましょう。

皆さんも良く使うであろうYahoo!のトップページの上に

カラーキャッチの使い方

2枚並べて表示してみましょう。


デスクトップを表示したい時は、

キーボードのウインドウズの旗マーク(左下)と

「D」を同時に押します。




使い方はは至って簡単です。

図にあるように、①から②へドラッグ&ドロップすれば

うすい青色の色コードが緑色枠内に表示されます。


ドラッグ&ドロップ

マウスポインターを①の上に乗せ、

左クリックしたまま(押したまま)、②へ持って行き手を離します。



あの見慣れたヤフーのうすい青の色コードは、#F1F5FFなんですね。

ちなみに当サイトもヤフーの真似して#F1F5FFにしてます。^^


色コードは、広告のリンクテキストの色を変える時だけでなく、

使用するテンプレートのあらゆる「色」を変更する時にも使います。


アフィリエイトサイトを量産する上で、

カラーキャッチほど使うソフトは無いかもしれないので、

ここで確実にマスターしておきましょう。


【アフィリエイト超初心者限定】のアフィリエイトの「ア」の字もまだ分らない

【保存版】アフィリエイト初心者が、最初に覚える7つの手順




サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ