アフィリエイトは不動産収入と似てる

アフィリエイトは不動産収入と似てるというお話です。


不動産収入とは、賃貸住宅などを建てて家賃収入を毎月得る事を言います。

またアフィリエイトはサイトを作成して、

そのサイトの売り上げに応じた報酬を毎月得る事が出来ます。

不動産収入=アフィリエイト収入

2つとも土台となるものを1度作成してしまえば、

時々メンテナンスは必要ですが、毎月収入を得る事が出来ます。

不動産収入とアフィリエイト、似てませんか?


ただ大きな違いがあります。

家賃収入を得るには、集合住宅を建てる費用がかかります。

4世帯の物件でも最低5,000万円はかかるでしょうから、

年間240万円の家賃収入を得たとしても、

元を取るまでには20年以上必要になります。


それに比べてアフィリエイトはどうでしょうか?

サイトを作成するのにかかる費用は、ドメイン代とサーバー代ぐらいです。

年間で13,000円ほどで、1サイトで年収120万円も難しくはありません。


また時々行うメンテナンスはどうでしょうか?

不動産は、壁紙の張り替え、クリーニング代、外装塗装・・・

かなりのメンテナンス費用がかかります。

不動産投資は、初期投資金とメンテ費用がかかる

それに比べ、アフィリエイトはほぼ0円です。

この様に、不動産収入とアフィリエイトの大きな差は、

初期投資の金額が大きく違う事と、

時々行うメンテナンス費用も莫大な差がある事です。


一つだけアフィリエイトが不動産経営に劣る点は、

作成したサイトの収入が、検索エンジン次第で左右されるという点です。

検索結果として表示されなければ、収入0円の単なるブログですし、

検索上位に表示されていても、のちに順位を落とされれば、

これもただのブログとなってしまいます。


ただアフィリエイトサイトの場合、

1つのサイトだけで収入を得てるという事は稀なので、

もしも1サイトが収入激減したとしても、

他のサイトの収入があるので、生活が出来なくなる事はまずありません。

5千円のサイトを20個作るのが当面のアフィリエイト目標


アフィリエイトの問題点に触れましたが、

不動産経営も空室が続けば収入はない訳で、

どっちもどっちとも言えるかもしれません。


いずれにせよ、一度作った箱ものが、

毎月収入をもたらすという点で、同じビジネスモデルと言えると思います。


以上で、

アフィリエイトは不動産収入と似てるというお話でした。








サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ