WordPressプラグイン「AdSense Manager」設定

アドセンス広告を記事内に設置するための

WordPressプラグイン「AdSense Manager」の紹介です。

記事の途中や記事直下など

希望する場所へアドセンス広告(物販アフィリエイト広告も可)を設置出来ます。

広告貼るならアドセンスマネージャー

他にも良いプラグインがありますが、

長い間「AdSense Manager」を使用してますので、

こちらをご紹介します。


まずWordPress管理画面の左サイドバーの

「プラグイン」→「新規追加」をクリックして

検索窓に「AdSense Manager」と打ち込むと見つかると思いますので、

インストール後、有効化して下さい。


すると、管理画面の左サイドバーの

「投稿」の中に「Ad Units」が追加されてますので、

クリックしてアドセンスコードを貼り付け

「Import」をクリックしましょう。

アドセンス広告コードの作成法

アドセンスコードを貼り付け「Import」をクリック

すると以下のような画面が出ますので、

AdSense Manager詳細設定の画面

Ad Unitの Name: co-1はそのまま

Display Optionsの上2つを

On Homepage:「Yes」
On Posts:「Yes」にして

Save changesをクリックしましょう。


次に今設定したアドセンス広告を各記事で表示させるために、

各記事の編集画面で次の文字列を書き込みます。

挿入語句の内容「スポンサーリンク」など


<font size="2">スポンサーリンク</font>
<br />
ad#co-1
ad#co-1は、[]で囲って下さい。

各記事の編集画面は、投稿一覧で表示される、

各記事のタイトルをクリックすると表示出来ます。

記事一覧から記事タイトルをクリック

まず1つの記事にだけ書き込みをして保存します。

記事編集画面 記事タイトル下はここに挿入語句を入れる。

きちんと表示されるか確認してみて下さい。


記事タイトル下なら、図のように記事編集画面の一番上に、

記事直下に表示したいのなら一番下(記事下)に上記語句を記載します。


2015年4月14日 追記

記事タイトル下の設置は規約違反と判明しましたので、

設置なさらないようにお願いします。



アドセンス広告は、10分ほど経たないと表示されませんので、

少しお待ちください。


またWP Super Cacheなどのプラグインを利用してる方は、

一度キャッシュを削除しないと広告が表示されないかもしれません。

WP Super Cacheのキャッシュの削除


そしてきちと表示されたら、

上記の文字列を全ての記事の編集画面で記載していって下さい。

いかがですか?

全ての記事でアドセンス広告が表示されましたか?


記事内にもう1つアドセンス広告を表示したい場合は、

「投稿」⇒「Ad Units」から

「+」(Copy to new Ad unit)をクリック ←クリックで大きくなります。

図の右にある「+」(Copy to new Ad unit)をクリックして

もう一つ広告コード挿入スペースを作成します。

co-2の作り方 ←クリックで大きくなります。

図のように、co-1-1が出来ますので、

「Edit」をクリックして、co-1-1からco-2へ変更

On Homepage:「Yes」
On Posts:「Yes」と変更し、

最後に新しいアドセンス広告のコードも貼り付けて保存しましょう。


co-2へ変更、新しいアドセンスコードを貼る


例)記事タイトル下と記事直下にアドセンス広告を掲載する場合、

以下のような記事編集画面となります。

アドセンス広告 記事編集画面


上手く出来ましたか?


以上で

WordPressプラグイン「AdSense Manager」設定の説明は終わります。








サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ