他のサイトの記事を参考にして記事を書く場合(リライト)

好きなテーマで記事を書いてる間は、

時々調べる事はあるものの、スラスラと記事が書けると思います。


しかしアフィリエイトで稼ぐようになると、

新テーマでのサイト作成を始めないといけない状況となり、

他の方の記事を参考にする場面が出て来ます。

リライトの注意点

いわゆるリライトと呼ばれる記事作成法ですが、

気が付かない内に、他の方の記事とほぼ同じ文章・・・

なんてこともよくあるので注意が必要です。


    リライトのポイント

  • 参考記事を見ながら書かない
  • 1回読んだら閉じて自分の言葉で書く
  • 検索者に分りやすい様に書き直す


この3点がリライトにおけるポイントです。


アフィリエイトで稼ぐようになると、

外注さんを雇用して記事を書いてもらうようにもなりますが、

上記3つの内容は、外注さんにも伝える様にしてる大切なポイントです。


調べなくてもスラスラ書けるテーマの数には限りがあると思いますので、

上記のリライトのポイントに注意しながら、

新テーマでのサイト作成をして頂ければと思います。


リライトのポイントの最後に書いてある、

「検索者に分りやすい様に書き直す」・・・これ使えます。


検索結果の上位で表示されてるけど、

専門用語が多過ぎて、サッパリ意味が分からない、

そんな記事ありますよね?


分りやすい記事に書き直せば、

あなたの記事の方が検索ユーザーに支持される事間違いなしです。

あなたの記事の方が、1年後に検索上位で表示されてますよ。


また、もしあなたのサイトが、

コピペされてるのを見つけた場合の対応ですが、

Googleにコピペを申告出来る部署DMCAという所があります。

DMCAの侵害 申し込みフォーム(Googleに要ログイン)


こちらで申請すれば、

数日でコピペサイトは消え去りますのでお試し下さい。


通常訴えなくても、Googleはコピペサイトに目を光らせてますので、

様子を見てれば数週間で検索結果から消えます。

もしも長い間消えない様ならDMCAへ申請して下さい。



以上で、

他のサイトの記事を参考にして記事を書く場合の

リライトのポイントのお話を終えます。





サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ