グーグルアドセンス サイト名の付け方とサイト量産

グーグルアドセンスで稼ぐためのサイト名の付け方と量産方法です。

まず大きなテーマを「(例)英語」を決めて、

いくつかサイト名となるキーワードを決めていきます。

需要のあるキーワードをサイト名にする

サイト名となるキーワードの見つけ方は、

記事タイトルの付け方」にもあるように、

goodkeyword、ヤフー虫眼鏡、Yahoo!関連検索ワードサーチに、

「英語」や「英単語」などと検索をかければたくさん出て来ます。

ここで検索需要のある語句をサイト名に選んで下さい。


それではgoodkeywordに「英語」と入れてみましょう。

goodkyeword検索

赤線で囲みましたが、

6番目に「英語 メール」

10番目に「英語 勉強法」と出ました。


次にgoodkeywordに「英単語」と入れてみます。

goodkyeword英単語で検索

「英単語 覚え方」は、GoogleでもBingでも

かなり検索需要のあるキーワード(サイト名)となりますね。


もしかすると検索上位で表示されるサイトは強者かもしれませんが、

強豪を恐れずに、マイペースで読者にあなたの素晴らしい知識(記事)を

公開していきましょう。


今回の結果、サイト名にして良さそうなキーワードは、

「英語 メール」
「英語 勉強法」
「英単語 覚え方」

この辺りが良さそうですので、

これをサイト名にしてサイトを量産していくことになります。


①「3分で分る!英語メールの書き方」
②「これが英語の勉強法だ!」
③「超速!英単語の覚え方」

こんな感じのサイト名でいかがでしょうか?


またこのようにサイトを展開していくと、

1テーマで何サイト作成していいのか?という疑問も出て来ます。

本当は得意なテーマで30サイトぐらい作成したいところですが、

どうしても同一人物が書く記事なので、似てしまいます。


次のテーマに移る判断は、

あなたが行き詰まりを感じた時です。


もうこのテーマでは書けないと思った時です。

類似したサイトは、グーグルは嫌いますので、

次のテーマへ移る方が良いと思います。


もう得意分野がない場合、

何か本を読んで興味がある分野の勉強をして、

分りやすい記事を作成していきましょう。


ここでご紹介した記事の書き方を駆使すれば、

専門家にでも勝てますよ。


専門家の文章って、分りづらくないですか?

専門用語を多用したり、段落分けしてないとか・・・

恐らく専門家自身は分るのでしょうが、

私たち素人には理解できないものです。


そこがポイントです!

専門家の分りにくい文章を分りやすく書く

専門家が書いた文章を

あなたが分りやすい文章に書きかえてあげればよいです。

コピペはダメですよ、あくまであなたの書いた文章ですよ。


「見やすくて分りやすい文章」を書けば、

読者は必ずあなたを指示します。


記事を量産、サイトを量産、そして収益も

これからどんどん増えていきますが、

大切なのは、読者のために記事を書く事


私は常に忘れないようにしています。それが大切ですね。








サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ