記事の書き方

グーグルアドセンスや物販アフィリエイトの始め方から

サイトの作り方、記事タイトルの決め方と書いてきましたが、

今回は記事の書き方です。

記事の書き方

こちらに関しては、グーグルアドセンスだけでなく、

物販アフィリエイトにおいても共通となりますので、

基本をしっかりと抑えましょう。


  • 分りやすい文章
  • 見やすい文章
  • 可能なら表やイラストや写真
  • 結論を初めに述べる
  • 1記事600文字以上
  • キーワード比率3%ほど


チェックマーク分りやすく見やすい文章

当たり前の事ですが、

誤字脱字をなくし、段落を付けて見やすい文章を心掛けましょう。

作成した記事を何度も何度も読むようにしましょう。

記事は最低でも30回は読み直す


誤字はないか、意味が通じるか、

中学生でも分る文章か・・・など


作成した記事をすぐに公開するのではなく、

時間を置いてから読み直すと効果的なのでお勧め致します。


チェックマーク表やイラストを使う

イラストを利用する場合は著作権法に注意しないといけませんが、

イラストや表は可能なら使用した方が良いです。


当サイトでも時々使用していますが、

見やすくて親しみやすくなります。(当サイト・・ダメですか?^^;


物販アフィリエイトの場合は、著作権法だけ注意すれば良いですが、

グーグルアドセンス用のサイトではもう一つ注意が必要です。


アドセンス広告のそばにイラストや表は配置しない方が良いです。

プログラムポリシーの中に、

アドセンス広告を目立たたせてはいけないという規約があります。

アドセンス広告の上には、しっかりと「スポンサーリンク」

の文字を入れ、イラストと離して設置するようにしましょう。

プログラムポリシー広告表示について


チェックマーク記事の冒頭に結論を書き、600文字以上で書く

読んでもらえる記事の構成も知っておきましょう。

簡単に言うと、「日本語」ではなく、「英語」の文章を思い出しで下さい。

・私は学校へ行く。
・I go to the school.

英語は「go」と結論を先に言いますが、

日本語は最後に結論となる「行く」が来ます。


検索してくるユーザーは、

3秒で読むか読まないか決めます。


イラストや表があり、読み易そうと判断すると、

次に初めの2~3行を読んでさらに最後まで読むか決めるそうです。

確かに私もそうです。


つまりイラストや表を記事前半に入れ、

文頭でその記事内容の結論を書いてしまうのが

最適な記事の書き方と言えます。


チェックマークキーワード比率3%

2010年頃までは、キーワード比率5%前後で記事を作成しようと

言われてましたし、確かに効果(検索順位が上がる)がありました。


ただし2012年ごろから、ペンギンアップデートやパンダアップデートなどの

グーグル施策が行われるようになってからは、

あまりキーワード比率は高くない方が良い様に思います。

内容の無い、ずるして検索結果の順位を上げてるサイトの取り締まり策


そこでキーワード比率3%といいうのは、私の独自の見解になりますが、

これは真似しなくても良いです。

ではなぜ書いたのかというと、

記事を作成する際、%は意識しなくても(計算しなくても)良いですが、

意識してキーワード(記事タイトル)を記事内に

入れるようにした方が良いからです。


やはりグーグルは、キーワード比率を見てる事は確実ですし、

ペナルティを受けないほどに多い方が良いのは間違いないからです。


ですので、文中で使う「それ」とか「この」

のような代名詞を使う代わりに、

キーワードそのものを少しは使った方が良い

というのが私の見解になります。


そして作成した文章読んでみて、

変な日本語の文章になってないか、

クドイ日本語でないかを、必ずチェックする事が大切になります。








サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ