モバイル画面のスクロールせずに見える大きな広告の対処方法(アドセンス警告メール)

またまた来てしまいました「グーグルアドセンスの警告メール」、広告の表示法に対してかなり厳しくなってますね。

一回目の警告は「不適切な広告のラベル」でしたが、今回は「モバイル画面のスクロールせずに見える大きな広告について」です。

「モバイル画面のスクロールせずに見える大きな広告」は、今年最も強化されてるポリシー違反だと思いますが、私の所にも来てしまいました。^^; 要点をまとめておきます。


<強化されたポリシー違反のポイントと対処法>

  • iPhone7でファーストビューで出なくても違反
  • 300×250以上の大きいレクタングルが問題
  • レスポンシブ広告で広告サイズを指定する

iPhone7でファーストビューで出なくても違反

今までは記事タイトルの直下に置かなければOKだったので、本文を8行~10行ほど書いた後に広告を掲載してましたが、ポリシー違反の判断基準を厳しくしたのではないでしょうか?

iPhone7ですべてのサイトを確認して、ファーストビューには表示されてないのは確認済みだったので、恐らく「コンテンツを押し下げるレイアウト」という規約に引っかかったのか、もしくはiPhone7よりも大きな画面のスマホで広告が表示されていたのかのどちらかではないかと思います。

いつもパソコンとiPhone7とiPadでサイトを確認してますが、それ以上のディバイスは持ってないですし、各ブラウザのスマホでどう映るかを表示してくれるツールで確認するしかないです。

全てのスマホサイズで広告を確認するのは時間がかかりますし、そこまでやって収益が大幅に上がるとも思えません。 ですので結論としては、300×250のレクタングル(中)をスマホの記事の途中では表示は止めて小さい広告にするという事になりました。(減収は避けられません。)

300×250以上の大きいレクタングルが問題

スマホの表示で記事の途中に表示する300×250が問題なので、一番良い方法はこれを320×100に変更すれば良いということになります。

この場合、パソコンやタブレットでは今まで通り300×250以上を表示させスマホでは320×100を表示するように、振り分ける設定をするのがベストです。

しかしこれだと初心者にはハードルが高くなりますので、振り分けは使わずにパソコンもスマホも320×100を表示するのが簡単かもしれません。

レスポンシブ広告で広告サイズを指定する

パソコンやタブレットでは今まで通り300×250以上を表示させスマホでは320×100を表示するように振り分けるにはグーグルのこちらのページ(オフィシャルページ)を参考にしてください。

スマホ、タブレット、パソコンでそれぞれどのようなサイズの広告を表示するかは自分で決められます。スマホでは320×100(モバイル大)、タブレットは300×250(レクタングル中)、パソコンでは336×280(レクタングル大)などと自由に数値を変更出来ます。

このモバイル大320×100は、ファーストビューで表示しても良いサイズなので、ファーストビューで表示されたとしても規約違反にはなりませんし、記事途中はもちろん大丈夫です。

サイト数がまだ少ない方は、今まで通り記事の途中を300×250にして、スマホすべてのサイズで確認するのも良いと思います。ただ今の流れからすると、その内記事の途中では300×250以上はダメとなる可能性もあるので、後でまた修正&確認する必要が出るかもしれません。

グーグルアドセンス(当サイトカテゴリー)は、比較的簡単に稼げるアフィリエイトですが、この「修正&適応&確認」の時間がとてもかかるアフィリエイトです。規約に沿ったサイト運営をすることが一番の仕事なのです。

2017年は更新ペースを落とす予定です。宜しくお願いします。





サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ