色コードを取得するカラーピッカー「ColorPick Eyedropper」

アフィリエイトサイトを作成していくと、

サイトのリンクの色と広告のテキストリンクの色を合わせて

クリック率を上げる必要が出てきます。

カラーピッカーColorPick Eyedropper

そんな時、色コードを判別する無料ソフト

カラーキャッチ」を今まで使用していましたが、

Windows10ではうまく動作しなくなりました。


そこで今使ってるのが、

カラーピッカー「ColorPick Eyedropper」です。



カラーピッカーが使えるのは、

Google Chromeだけです。

Internet ExplorerやFirefoxでは使えません。



カラーピッカーは、Google Chromeの拡張機能で、

Google Chromeを便利にするアプリのようなものです。


こちらからGoogle Chromeにダウンロードすると、

カラーピッカー「ColorPick Eyedropper」

このようなマークが、パソコン画面の右上

Google Chrome上に表示されて、

使用できるようになりますが、

使い方はいたって簡単です。


カラーピッカーColorPick Eyedropperの使い方

カラーピッカー「ColorPick Eyedropper」

まずこちらのアイコンをクリックします。

すると次のような画面が出て

カラーピッカーの十字マーク

マウスポインターが「十字マーク」になりますので、

色コードを知りたい色の上に

マウスポインターを乗せてクリックして下さい。

すると、

色コード♯○○○○○○が表示されます。

色コードを取得する

○○○○○○をコピーしてご利用になれます。


テキストリンクの色の変更には、

今回のカラーピッカーをぜひご利用ください。



Windows10へのアップグレードは、

2016年7月まで無料で行う事が出来ますが、

今まで使用していたソフトが使えなくなるケースはよくあります。


私の場合、

無料アップグレードを行うのは少し怖かったので、

今までのWindows7はそのまま残して置き、

新しいパソコンを買う事を選択をしました。

アップグレードされる方は十分お気を付けください。


とは言いましても、

今のところ「カラーキャッチ」以外で

使えなくなったソフトはありあせん。







サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ