1記事の文字数が多い方がSEOに有利なのか?

アフィリエイターなら

こんな疑問を一度は持った事がありませんか?

「1記事の文字数は多い方がSEO的に有利なのか?」

「1記事何文字がベストなのか?」



結論から先に言いますと、

1記事600文字ほどあれば、上位表示できますし、

1000文字とか2000文字書いても

上位表示する可能性が上がる訳でもありません。

ちゃちゃまる
大切なのは、

1記事の文字数ではなく、記事の内容と記事タイトルです


600文字の記事より、2000文字の記事の方が、

単語数の数(キーワード数)が増えるので、

様々な検索キーワードでヒットして、

検索結果として表示される可能性は高くなります。


とは言うものの、

文字数が600文字しかなくても、

検索需要のあるキーワードを記事タイトルしていれば、

それだけでも十分なアクセスを獲得出来るので、

やはり文字数よりも

記事の内容とタイトルに注視する必要があります。


私は、1記事600~800文字で書く事が多いのですが、

記事のタイトルによっては、

2,000文字を超える場合もありますので、

記事のタイトル次第で、

文字数が決まっていくのが自分でも分かります。


大切なのは、

「記事のタイトルを簡潔に説明するのに必要な文字数」で

記事をまとめて分かりやすく書くという事なんですね。




検索需要のある記事タイトルの付け方①②

アドセンス編 ②物販編

記事の書き方

記事数が少ないと検索上位にならないのか?



2016年3月に追加された動画
 講師:時枝さん

私がアフィリエイトを学んだのは、

時枝さんのアフィリエイト本でしたが、

今では時枝さんのアフィリエイト・ノウハウが

動画で学べるようになりました。

ちゃちゃまる「いいね!」
IBAアフィリエイト講座の最大の利点は、

毎月5本ほど無料で動画を追加してくれる事です。


私も毎月アフィリエイトの勉強をしています。


皆さんもアフィリエイトの勉強を続けて、

稼ぐアフィリエイターになっていきましょう!



2016/12/31でIBAアフィリエイト講座は発売終了となりました。







サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ