Googleウエブマスターツール サイトマップの送信方法

Googleウエブマスターツール「サイトマップの送信方法」をご説明します。

記事を書き終え公開したら、

必ずサイトマップを送信して、

記事の存在をグーグルに認識してもらいます。

必修!sitemapsを送信しよう

これをやらないと、

せっかく書いた記事が誰にも読まれない可能性が出て来ますので、

今回、サイトマップの送信方法をしっかりと覚えましょう。


Googleウエブマスターツールに登録したら、

こちらからログインします。

登録したサイトURL(ドメイン)が表示されてますので

クリックすると、以下のような画面が出ます。

サイトマップ送信

「サイトマップがありません」をクリックすると、

「サイトマップの追加/テスト」ボタンが出ますのでクリックします。

が記載出来るような次の画面が出ます。

サイトマップ送信方法の具体的な手順

にはsitemap.xmlかsitemaps.xmlを記載しますが、

WordPressサイトの場合は、sitemap.xml

SIRIUSサイトの場合は、sitemaps.xmlになります。


記載したら、サイトマップを送信をクリックします。

クリックすると、以下のような画面が出ます。

サイトマップを送信すると出る画面の説明

今私は、2記事のサイトマップを送信しましたので、

赤枠のような表示になります。


また「インデックスに登録済み」とは、

グーグルの検索結果の候補として登録済みかどうかという意味です。


「保留」になってますので、

検索結果として表示されるかはまだ分りません。

どりあえず今の段階では、「送信」の下に「2」の記載がありますので、

記事の存在は認められました。


もしここが、「エラー」となっていたら、

サイトマップが送信されていませんので、

WordPressにプラグイン「Google XML Sitemaps」を

インストールしたかご確認下さい。


SIRIUSに関しては、

Googleウエブマスターツールでサイトマップを送信するだけで大丈夫です。


以上で、

Googleウエブマスターツールを使った、

サイトマップ送信方法の説明を終えます。








サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ