文字数を数えるプラグイン「WP Multibyte Patch」

文字数を数えるプラグイン「WP Multibyte Patch」のご紹介です。


これは文字通り、作成してる記事の文字数を

今何文字か数えてくれるプラグインで、

WordPressをインストールすると標準でインストールされています。


WP Multibyte Patchインストール画面


有効化して頂くと、

記事を作成する画面で「仕事ぶり(文字カウント)」を確認出来ます。


WP Multibyte Patchの文字カウントの様子


記事作成画面の右の「更新」ボタンをクリックすると

文字数のカウントが行われ何文字か表示されます。


特に個別の設定などはありませんが、

アフィリエイターにとって大変ありがたいプラグインですね。


アドセンスサイトの記事は、1記事600文字以上にしましょうと書きましたが、

その場合でも文字数を見ながら

記事が書けますので大変便利です。


以上で、

文字数を数えるプラグイン「WP Multibyte Patch」

の説明を終えます。



余談になりますが、

記事の作成する時の注意点を書いておきます。

記事作成の注意点


記事を作成する時は、必ず「非公開」にしてから書き始め、

2~3行書いたら必ず更新ボタンをクリックして

記事を保存するようにして下さいね。


初心者は、記事を保存せずに作成し続ける傾向があります。

せっかく書いた記事を消失して初めて

記事を保存しながら書くことの大切さを学びます。


必ず2~3行書いたら保存して、また書き始める・・・

そういった記事作成の癖を付ける様にしましょう。

WordPressでの記事作成の注意点










サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ