バレバレのユーザー名を変更するプラグイン「Edit Author Slug」設定

WordPressのユーザー名をばれないようにするプラグイン

「Edit Author Slug」のご紹介です。


WordPressは、世界各国から不正ログインが試されており、

実際に被害に会われた方も大勢います(ブルーフォーストアタック)。

出来ればバレバレのユーザー名を隠す必要があります。


なぜバレバレか?理由は記事一番下にあります。

Edit Author Slugインストール画面


「Edit Author Slug」を利用するには、

「プラグイン」⇒「新規追加」から、

インストール&有効化をして下さい。


有効化したら、

バレてしまうユーザー名を違うユーザー名で

表示するように設定します。


「ユーザー」⇒「ユーザー一覧」をクリックすると、

ユーザー名が表示される画面になりますので、

Edit Author Slug設定と使い方

ユーザ名をクリックして設定に入ります。

設定画面では、

以下の2か所の変更()を行います。


はじめにのCustomで、架空のユーザー名を記載して✔を入れ、

一旦、プロフィールを更新します。


その後、で今記載した表示するユーザー名を選択し、

もう一度、「プロフィールを更新」をクリックすれば

「Edit Author Slug」の設定が完了となります。


の順番となりますのでご注意ください。

Edit Author Slugブログ上の表示名

Edit Author Slug架空の名前で表示するように設定する。


なぜユーザー名がバレバレになるか・・・?


(例)http://あなたのサイトURL/?author=ID

/?author=IDこの部分のIDを1から順に2、3・・・と

数字だけ変えてサイトを表示してみて下さい。

(例)http://あなたのサイトURL/?author=1という具合に。


1から順に、2、3・・・と数字を入力していくと、

どこかの数字で次のようなURLとなり、

http://あなたのサイトURL/archives/author/あなたのユーザー名


あなたのユーザー名が表示されてしまうと思います。

これがバレバレという意味なんです。



Edit Author Slugは、設定した架空のユーザー名で表示してくれるので、

ユーザー名がばれる心配はなくなります。


黒枠内の方法で、誰でも簡単にユーザー名が分ってしまうので、

もしも単純なパスワードにしていると、

すぐに不正ログインされてしまいます。


あなたも是非Edit Author Slugを有効化して、

不正ログインを防ぐようにしましょう。


以上で、

バレバレのユーザー名を変更するプラグイン「Edit Author Slug」設定

の説明を終えます。








サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ