URLを変更できるプラグイン「Custom Permalinks」説明と設定

URLを変更できるプラグイン「Custom Permalinks」の説明と設定です。

これも非常に便利なプラグインで、

記事の個別URLだけでなく、

カテゴリURLなども自由自在に変更出来てしまいます。

URLが自由に変更できるCustom Permalinks

しかも英数字ベースでも日本語ベースでもOKな優れものです。


もちろん変更出来るのは、ドメインの下になります。

(例)http://8kk2.net/〇〇〇(この部分〇〇〇が変更可)


まず、いつも通り「プラグイン」から「新規追加」をクリックして、

検索窓に「Custom Permalinks」と入力してEnterキーを押します。

表示されたらインストール&有効化して下さい。


有効化すると以下のように

「ツール」内に「Custom Permalinks」が表示される

「ツール」内に「Custom Permalinks」

の文字が表示されるようになります。


ただ、クリックして設定する必要はなく、

URLを設定(変更)するのは、記事作成の管理画面

となります。記事作成の管理画面での使い方が見れます。


このCustom Permalinksが非常に役立つ場面は3つです。

  • 各記事やカテゴリを日本語ドメインにしたい場合
    (例)http://8kk2.net/日本語
  • Movable Typeのブログから移転したい時
    (例)前のURLをそのまま使う → http://8kk2.net/1234.html
  • 独自ドメインで運用中の無料ブログから移転したい時
    (例)Seesaa → http://8kk2.net/article/5678.html

個別記事やカテゴリーにおいて、ドメイン以下は日本語にしたい・・・

もしくは

無料ブログ(独自ドメインで運用中)からWordPressに移転したくなった・・・

そんな時、

このCustom Permalinksを使えば、何の問題もなく移転出来る訳です。


2015年4月現在、

未だに検索エンジンは日本語ドメインを好む傾向があります。

そんな意味においても、

Custom Permalinksは、非常に役立つプラグインと言えるでしょう。



当サイトのカテゴリーは、

Custom Permalinksを使用して日本語ドメインにしております。

(例)http://8kk2.net/アフィリエイトサイトの作り方



以上で、

URLを変更できるプラグイン「Custom Permalinks」の説明と設定

の解説を終えます。








サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ