Googleウエブマスターツールの登録

Googleウエブマスターツールの登録方法をご説明します。

記事の更新をGoogleに通知したり、

どのサイトからリンクをもらってるか教えてくれたり、

その他、実際に訪問者が使用した検索キーワード情報など

あなたのサイトのあらゆる情報を提供してくれる、

アフィリエイター最強のツールです。


今後収益が増えてく中で、必ず必要になるツールなので、

今回登録を済ませておきましょう。


ウエブマスターツール登録1
※画像が大きくなります。


既にグーグルアドセンスの申請をしてる人は、

アカウントをお持ちなので、こちらのページでログインして、

「ウエブマスターツールへようこそ」の画面で、

あなたのサイトを追加して下さい。


「サイトを追加」をクリックすると、以下のような画面になります。

ウエブマスター登録、HTMLタグでの登録方法
※画像が大きくなります。

上の画像に書かれてる様に、

の順番で作業を進めます。

①「別の方法」をクリックして、②HTMLタグに✔を入れます。

(私はHTMLタグの方法しかやった事ありません。)

すると、

metaタグが発行されますので、

③あなたのサイトのトップページのHTMLの

ウエブマスターツールの直後の赤枠内にそのmetaタグを貼り付けて、

変更保存すればサイト側の設置は完了です。

ウエブマスターツール登録。metaタグの入れる場所。

↑こちらはSIRIUSのトップページのHTMLになります。


トップページのHTMLはどこにあるのか?


WordPress:管理画面の左サイドバーにある

「外観」→「エディター」から

右に表示されてる「ヘッダー(header.php)」の事です。


SIRIUS:サイト管理画面から、該当サイト名をダブルクリックします。

表示された画面の一番上にある「テンプレート」から、

HTML編集をクリックするとトップページ、カテゴリーページなどの

タブが並んでますので、「トップページ」をクリックすると、

それがトップページのHTMLとなります。



metaタグをトップページのHTMLに保存したら、

④ウエブマスターツールに戻り、

最後の「確認」をクリックすれば、

確認しました!と出ますので、それで完了です。

「続行」をクリックすると管理画面になります。


注意事項

WordPressは、サイトに修正を加えたら、(今回はmetaタグの設置)

必ずキャッシュの削除をしないといけません。


SIRIUSは、必ず「サイト生成」してから

サーバーに「アップロード」しないと修正が反映されません。

SIRIUSは、この作業が2クリックで完了します。









サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ