WordPressのバックアップはこれだ!「BackWPup」説明と設定

WordPressのバックアップ「BackWPup」の説明と設定についてです。

記事を書いたら必ずバックアップを取る必要があります。

記事を書いたらバックアップ

ロリポップなら月300円で自動で保存しておいてくれますし、

エックスサーバーは別途有料で買う事が出来ます。

ロリポップVSエックスサーバー


もし無料で済ませたい!と言うのであれば、

このWordPressプラグイン「BackWPup」がおすすめです。


初心者の内は、それほどサイト数もないので、

「BackWPup」を使ってバックアップしておくのが良いかもしれません。


よく、どのサーバーも

「バックアップ保存してるので安心ですよ。」などと唱っていますが、

あれはサーバー内で何か問題が発生して、

契約者のサイトの記事などが消滅した場合は大丈夫という意味です。

あなたのミスで記事などが消滅した場合の補償は無いです。

WordPress記事作成の注意点


自分のミスで記事や写真を消失して、無料で復旧したいなら、

このWordPressのプラグイン「BackWPup」が便利です。


いつものように、「プラグイン」から「新規追加」をクリックして、

検索窓に「BackWPup」と打ち込みEntryを押してください。

出てきたら、インストール&有効化して下さい。


有効化すると、「設定」の真下に「BackWPup」の文字が表れます。

BackWPupを設定する

7つの項目がありますが、

設定が必要なのは、「新規ジョブを追加」です。


「新規ジョブを追加」をクリックして、

まずは「一般」から設定です。

BackWPup 新規ジョブを追加

上の画像で記入が必要なのは、

このジョブの名前を付ける作業です。

任意の名前を入れて下さい。


そして下の方にスクロールすると、

以下のような画面になります。

BackWPupの設定

ここでは、

バックアップファイルの保存方法を選びます。

よく分らない方は、

Dropboxをバックアップ先に選びましょう。

その他は、何もしないでOKです。

最後に「変更を保存」をクリックして完了です。



Dropboxとは、iCloudのようなクラウド型のデータ保存場所です。

上記リンクから、お名前とメールアドレスとパスワードを登録すれば、

すぐに無料で利用出来ますので、利用した事が無い方は登録して下さい。

今後作成するWordPressサイトのバックアップデータは、

ここに収納していく事をお勧めします。



次に「スケジュール」を設定します。

スケジュールの設定

ここでの設定は2か所です。

まずWordPressのcronに✔チェックを入れ、

スケジューラでご希望の送信頻度を選択します。


Dropboxにバックアップファイルを送信する頻度ですが、

毎日更新してるなら、「毎日」に✔

頻度が落ちたら「毎週」や「毎月」に変更しましょう。


更新しないのに、「毎日」のままで放置すると、

Droboxの容量に影響しますので、時期をみて変更した方が良いです。


そして最後に「変更を保存」をクリックすれば、

「スケジュール」の設定は完了になります。


それでは最後の設定になりますが、

その前にDropboxにログインしておいて下さい。


そしてWordPressの上部タブにある①「宛先:Dropbox」をクリックします。

Dropbox宛先欄の設定

次に

②「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリックします。

次の様な画像が出ますので、「許可」をクリックします。

Doropboxアクセス許可

すると、認証コードが発行されますので、 認証コードが発行された

WordPressの管理画面へ戻り、

③の箇所にこの認証コードを貼り付けて下さい。

④の「コピー先フォルダー」は、意味不明の文字列が並んでますが、

分りやすい名前(ドメインなど)に変更して下さい。

⑤の「ファイルの削除」ですが、過去のファイルの保存数の設定です。

過去5回分で充分と思いますので、15⇒5に変更します。


最後に「変更を保存」をクリックすれば

全ての設定が完了しました!

お疲れ様でした。


その他、

「DBバックアップ」、「ファイル」、「プラグイン」という

タグがありますが、これは何もしないでもOKです。


一応確認のため、

バックアップをDropboxへ今すぐ送ってみましょう。、

「BackWPup」⇒「ジョブ」をクリックして、

今すぐバックアップを実行

「今すぐ実行」をクリックして下さい。

Doropboxへバックアップの送信が開始します。

250記事とイラストなどを送ると3分ぐらいかかりました。

しばらくお待ちください。


以上で、

WordPressのバックアップ「BackWPup」説明と設定を終えます。






バックアップファイルの確認方法

Dropboxにログインして、

ファイル名「アプリ」⇒「BackWPup」とクリックすると、

「コピー先フォルダー」(宛先:Dropboxで決めた)が表示されます。

それをクリックすると、

WinZipで圧縮されたファイル(〇〇〇tar.gz)が表示されますので、

それをクリックして「開く」をクリックします。

するともう一度、

WinZipで圧縮されたファイル(〇〇〇tar.gz)が表示されますので、

右クリック⇒「解凍」⇒「デスクトップに解凍」をクリックすれば

全てのデータ(記事や写真やイラストなど)が確認出来るはずです。

何かあった時のバックアップにご利用下さい。







サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ