記事内のキーワード数を一発でカウントする方法

記事を作成していき、完成に近づいたら、

自分が狙ったキーワードがいくつ入ってるかをカウントする事が大切です。


当サイトのようなブログ(記事数の多い)であるなら、

それ程気にしなくても構わないのですが、

記事数が10~50ほどの放置型のサイトを作成する場合は、

必ずキーワードをカウントする様にして下さい。


キーワード数をカウントする2つの方法

  • 「プレビュー」を表示し、「Ctrl+F」を押してキーワードをカウントする
  • Wordを開いて、「文書の検索」でキーワードを一発でカウントする

チェックマーク「プレビュー」を表示して、「Ctrl+F」を押してキーワードをカウントする

Seesaaブログなどの無料ブログを利用してる方なら、

記事作成画面で「プレビュー」ボタンをクリックすると、

別窓で記事の作成状況が表示されます。


プレビュー画面を表示したら、

キーボードで「Ctrl」と「F」を同時に押してください。

パソコン画面左下に、検索窓が出ると思います。

キーワード数をカウントするのはここです


この様な画面が表示されますので、

キーワードを入れて、

下向きの下向き矢印矢印をクリックして下さい。

クリックする度に

記事の下へ向かって、キーワードがハイライトされますので、

いくつキーワードが入ってるかカウントしましょう。


2015年現在、キーワード数が多過ぎるとスパム扱いされますので、

600文字で作成したなら、

キーワード数は7~10個ぐらいにした方が良いでしょう。

ただしこれはあくまでも私見です。

最適なキーワード比率は、Google様のみぞ知るシークレット事項です。



チェックマークWordを開いて、「文書の検索」でキーワードを一発でカウントする

外注さんにメモ帳などで記事を作成してもらった場合に、

Microsoft Wordを使って、キーワード数をカウントする事があります。

先ほどと違う点は、

Wordの場合は、一発でキーワード数を表示してくれる点です。


パソコン画面の左下の

ウインドウズのアイコンマークから「すべてのアクセサリ」

「Microsoft Word」を開いて下さい。

Wordの上部タブにある「校閲」をクリックして、

作成した記事をコピーしたものを貼り付けて下さい。


Wordでキーワード数をカウントする


そして、

左サイドにある検索ボックスに数えたいキーワードを入れて、

キーボードの「Enter」キーを押します。

画像では、「キーワード」と入れて「Enter」キーを押しています。


すると、

検索ボックスの下に、キーワード数が表示され、

記事内のキーワードには、蛍光イエローでハイライトされます。


<まとめ> キーワード数をカウントする2つの方法

記事内にキーワードがいくつあるかカウントする方法を2つ紹介しましたが、

それぞれ特徴があります。


「Ctrl+F」で数える方法は、

作成中にすぐにカウントする事が出来るのが良い点ですが、

Wordの方は、キーワード数を一発で表示してくれるという点が良いです。


ただWordはいちいちWordを開かないといけないという短所がありますし、

「Ctrl+F」の方は、一発で数を表示はしてくれません。

あなたの使用状況に合わせて使い分けて頂くのが良いので、

今回是非2つとも使い方をマスターして頂ければと思います。







サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ