Seesaaブログの日付を消す(新デザインシステム)

通常のブログ(日記)なら、日付を表示するのが普通ですが、

完成したら放置するアフィリエイトサイトの場合は、

日付を消す方が、ユーザーに有効である事が多いです。


Seesaaブログの日付を消す理由

  • 日付が表示され、更新してないと古い情報と感じる
  • 情報を一方的に配信するサイトは日付は必要としない
  • コメントを受け付けないなら日付は要らない

Seesaaブログの日付はここに表示されます

Seesaaブログの日付を消す2つの方法

  • スタイルシートに一文追加 または
  • HTML内の2か所の日付コードを消す
このどちらかで、

Seesaaブログの日付を消す事が出来ます。


スタイルシートに一文追加

サイドバーの広告を消す

初心者でも簡単に日付を消すことが出来る方法です。

スタイルシートに一文追加するだけで日付を消す事が出来ます。

まず「デザイン」をクリックします。

日付を表示しないように、スタイルシートに一文を追加する


次に、

「デザイン設定」→利用してるテンプレート名をクリックします。

画像では「シンプルB.ホワイト右カラム」をクリックします。

スタイルシートに一文を追加して、日付を消す


続いて、

「PC」→「スタイルシート編集」をクリックして、

スタイルシートの一番下に

.date {display: none !important;}

こちらの一文を貼り付けて下さい。

これで日付を消す事が出来ます。



Seesaaブログ(あなたのサイト)を表示すると、

日付は消す事が出来たと思いますが、サイトの上で右クリック、

「ページのソースを表示」をクリックして頂けますか?

ご覧頂くと、HTMLソースでは日付が表示されてますので、

サイトでは表示されないように設定しただけなのです。


私はサイトで日付が表示されなければOKなので、

この方法が一番良いと思っています。


いや、HTMLソースでも日付を消すのがいい!

完璧に消すのがお望みと言う方は、次の方法です。


HTML内の2か所の日付コードを消す

HTMLを編集して日付を消す、一か所目 ※画像は大きくなります。

次の一文(140行目あたり)を削除すると、
<span class="icn icn--calendar"></span><time datetime="<% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") -%>"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") -%></time>

トップページで表示される記事タイトル下の日付を消す事が出来ます。


ただこれだけだと、個別記事では日付が表示されたままなので、

個別記事で表示される日付も消しましょう。

先ほど削除した箇所から、HTMLを上へスクロールすると(70行目あたり)、

先ほど削除した同じ一文がもう一つありますので、

そちらも削除して下さい。

これでトップページも記事ページも日付を消す事が出来たと思います。


最後はサイドバーで表示される日付も消して完了

サイト立ち上げたばかりの人がいるかもしれないので、

一応書いておきます。

サイドバーで日付が表示されるものは消す


サイト立ち上げ直後だと、この様にサイドバーにも

日付が表示されるもの(赤枠)があります。

Seesaa管理画面から、「デザイン」→「コンテンツ」とクリックして、

以下の赤枠で示したものを×(削除)して保存して下さい。

日付を表示するものは、サイドバーからすべて削除


これで、全ての日付を消す事が出来たと思います。

それでは準備が整いました。

ガンガン記事を書いて、早く稼ぐアフィリエイターになりましょう!








サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ