サイトの構想や事前準備が大切なんです

サイトの構想や事前準備は、

サイトが稼ぐか稼げないかを決める、重要な作業になります。


ただ初心者の場合、この事前準備はしっかりするが、

記事を書き始めない方がたくさんいるので注意が必要です。


恐らく、「こうでもない、ああでもない」と考えてしまうのでしょうが、

記事を書かない事にはアフィリエイトで稼ぐ事は不可能です。

構想期間は、長くても2週間にして、

サイトの概要を決めて、記事を書き始めましょう。


サイトの構想や事前準備はこの5つだけやる(アドセンス編)

  • テーマを決める
  • 検索需要のあるキーワードを調べる
  • 検索需要のあるサイトのタイトルにする
  • 記事のタイトルを決めてしまう。(20~50記事)
  • テンプレート、カラム数、トップページの内容を考える

アドセンスサイトを作成する場合は、

以上の5つだけ考えればよいです。


基本的に放置型サイトを作成しますので、

トップページをどうするかまで決めておけば、記事を書き終えた時に楽です。




需要のある検索キーワードが分ったら、

記事のタイトルを決めてしまうのが良いです。

そして、決めたタイトルの記事を書いたらサイトは完成となり、

記事の更新も不要ですが、出来れば、

トップページをどの記事にするのか、

または

別途固定ページの様な形にして表示するのか、

この辺まで考えておくと、サイト完成までがスムーズになります。


サイトの構想や事前準備はこの5つだけやる(物販アフィリ編)

  • 今売れてる商品を探す
  • 自己アフィリして体験レビュー型のサイトの概要を決める
  • または、コンテンツ型のサイトの概要を決める
  • その商品の検索需要のあるキーワードを調べる
  • サイトのタイトルは決定し、記事のタイトルは大まかに決める

物販アフィリのサイトを作成する場合は、

以上の5つを考えれば良いです。

この中で一番大切なのは、今売れてる商品を探す作業です。


楽天市場のランキングをチェックして、

今売れてる商品は何なのか探します。


テーマを決めて、そのテーマの中から商品を探すのではなく

売れてる商品を探す事を忘れないで下さい。

重要なのは、テーマで無く、売れてる商品だという事です。




初心者でも成果を上げやすいのは、

自己アフィリして体験レビュー型のサイトを作成する事ですが、

コンテンツ型のサイト(アドセンスサイトの作り方)にしていく方法もあります。


もしも稼げなかったとか、

商品がアフィリエイト出来なくなったとしても、

アドセンス広告に貼り換えられるという逃げ道がありますので、

気軽にサイトの作成を進められるというメリットがあります。


また体験レビュー型のサイトの場合は、

需要のあるキーワードと独自の有益情報を記事タイトルにしたものを

両方織り交ぜていく
ようにするのが良いと思いますので、

サイトの構想や事前準備段階では、

記事のタイトルは大まかに決めておくだけで良いと思います。




以上で、

サイトの構想や事前準備が大切なんですというお話を終えます





サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ