サブドメインとサブディレクトリの違い

サブドメインとサブディレクトリの違いについてです。

サブドメインとサブディレクトリ

当サイトのドメイン8kk2.netで、

サブドメインサイトとサブディレクトリサイトを作成したとすると、


 ①メインのドメイン:http://8kk2.net/

 ②サブドメイン:http://blog.8kk2.net/

 ③サブディレクトリ:http://8kk2.net/blog/


この様な感じのURLのサイトが出来上がります。

このblogという箇所は、どんな英数字に置き換えて作成してもOKです。


経費をかけたくない方は、ドメイン8kk2.netを一つだけ取得すれば、

次のようにサブドメインとサブディレクトリのサイトを

いくらでも作成する事が出来ます。


(例)
http://affiliate.8kk2.net/(アフィリエイトブログ用)
http://fx.8kk2.net/(FXブログ用)
http://8kk2.net/stock/(株ブログ用)
http://8kk2.net/sedori/(せどりブログ用)
      ・
      ・
      ・
  サブドメインの作り方



サブドメインとサブディレクトリの違い

  • 独立したサイトか、ドメインに属するサイトか
  • 検索結果の1ページに表示出来るサイト数(記事数)
  • 検索上位に表示されるまでの時間


チェックマーク独立したサイトか、ドメインに属するサイトか

サブドメインは、独立したサイトとして判断され、

サブディレクトリは、ドメインの中の一つのサイトと判断されます。


(例)
 ①メインのドメイン:http://8kk2.net/ ←独立したサイト

 ②サブドメイン:http://blog.8kk2.net/ ←独立したサイト

 ③サブディレクトリ:http://8kk2.net/blog/ ←8kk2.netの中のサイト



チェックマーク検索結果の1ページに表示出来るサイト数(記事数)

独立したサイトなのか、メインドメインの中のサイトなのか・・・

大きく関係してくるのが、

検索結果の1ページに表示出来るサイト数(記事数)です。


Googleは、検索結果として表示する1ページに、

同じサイトの記事を2つまでしか表示しません。


つまり、サブディレクトリのサイト(http://8kk2.net/blog/)は、

(例)8kk2.netの中のサイトとみなされますので、

検索結果として表示される2枠を

メインサイトである8kk2.net争う事になってしまいます。


http://8kk2.net/とhttp://8kk2.net/blog/が全く違うテーマのサイトであれば、

検索結果を争う事はないでしょうが、

同じテーマで作成してる場合は骨肉の争いとなってしまいます。


この良い例を無料ブログで有名な「Amebaブログ」で見てみます。

アメーバブログは、

サブディレクトリ型なので、http://ameblo.jp/○○○/というURLになります。


またアメブロは利用者が多い無料ブログなので、

この〇〇〇も当然多くなり、同じテーマでのサイトが多数存在します。


(例)サブディレクトリで起きる骨肉の争い

http://ameblo.jp/english117/
http://ameblo.jp/hanakoryu/
http://ameblo.jp/41eikaiwa/
http://ameblo.jp/eigokoryaku/

例えば、アメブロに、4つの英会話に関するサイトがあったとすると、

英会話に関する検索をした場合に、1ページ表示される2枠を

上記の4サイトで争う事になります。


もしもアメブロが、サブドメイン形式のURLを提供してる場合は、

http://english117.ameblo.jp/
http://hanakoryu.ameblo.jp/
http://41eikaiwa.ameblo.jp/
http://eigokoryaku.ameblo.jp/

それぞれ独立したサイトと認められるので、

検索結果を争う事はありません。



この点だけを見ると、

サブドメインの方が良いように感じると思いますが、

そうでもないのが次の要素となります。


チェックマーク検索上位に表示されるまでの時間

ただ、検索上位に表示されるまでの時間に関しては

サブディレクトリの方が早いです。


もちろん、メインドメインの評価が高い場合のみのお話ですが、

メインドメインンのサイトが高評価されてる場合は、

早くインデックスされますし、上位表示される可能性も高いです。


これは、

「高評価したサイトのサブデイレクトリだから、良いサイトだ」と

検索エンジンは判断するためだと言われています。


サブディレクトリは、高評価サイトの一部という位置付けになる訳ですから、

検索エンジンが、そう評価するのは当然と言えば当然の事です。


ただ、低評価サイトのサブディレクトリサイトでは、

その逆となりますので、

サブディレクトリーサイトを作成する場合は、

高評価のドメインだけにした方が良いでしょう。


ただこれも、

高評価を受けていたドメインが、急に評価を落とし場合に問題が出て来ます。

その場合、

サブディレクトリーサイトも芋ずる式に評価を落とす可能性が高くなるからです。


サブドメインとサブディレクトリの個人的な見解


基本的には、サイト1つに対して1ドメインでサイトを作成しますが、

経費をかけたくない方は、サブドメインでサイトを増やしていきます。

もしサイトを量産していく過程で、

高評価を受けたドメインを持つようになり、

売れそうな商品を見つけたのですぐに販売したい

または、そのサイトをすぐに検索上位に表示したい場合のみ

高評価ドメインのサブディレクトリでサイトを作成する。

これが私の見解です。









サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ