iPhoneで撮影した写真をブログに掲載すると住所がばれます

iPhoneで撮影した写真をブログに掲載すると住所がばれます。

正確には、住所と言うより、撮影した場所の緯度と経緯がばれます。

外で撮影した写真なら問題ないかもしれませんが、

自宅で撮影した写真をブログなどに掲載した場合に問題となるでしょう。

iPhoneで撮った写真大丈夫?

ただし、iPhoneの設定やデジタルカメラの設定を変更しさえすれば

緯度と経緯は分らなくなりますので、

ブログに掲載予定の写真を撮影する時は、設定した方が良いと思います。


iPhoneの設定

「設定」⇒「プライバシー」⇒「位置情報サービス」とタップすると、

「自分の位置情報を共有」という所があります。


そこには、App StoreとかSafariのサイト、などの文字が並んでると思いますが、

その中の「カメラ」をタップして下さい。


「許可しない」または「このAppの使用中のみ許可」のどちらかに

✔が入ってると思いますが、

緯度と経緯の情報を写真に埋め込みたくない方は、

「許可しない」に✔を入れて下さい。


今ではかなりの方が利用してるスマートフォンですが、

この位置情報サービスは要注意です。


LINEなどでもこの位置情報サービスを利用出来て、

写真を添付すれば、相手にどこで撮った写真なのかを通知する事が出来て、

大変便利な機能である一方、悪用される場合もあるからです。


例えば、LINE乗っ取りなどで不正ログインされた場合や

ストーカー(昔の彼など)に居場所がばれるなどに悪用される可能性があります。


購入してからそのままという方は、

位置情報サービスは「ON」になっていますので、

ばれて困る方は、上記の設定をする方が良いでしょう。


またデジタルカメラでも同じように、

位置情報サービスの機能(ジオタグ)を備えたカメラがあります。


高額な一眼レフカメラに装備されてる事があるようなので、

高いカメラをお持ちの場合は、確認した方が良いと思います。



ジオタグとは、撮影した日時、場所(緯度と経緯)、カメラの機種など

撮影した写真の情報をEXIFというフォーマットで

埋め込む仕組みを指して呼びます。









サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ