データベースの作成方法 ロリポップ!(チカッパ)編

データベースの作成方法 ロリポップ!(チカッパ)編を

ご説明します。

データベース作成 ロリポップ(チカッパ)編

WordPressサイトを作成するには、

1サイトにつき、1データベースが必要になります。


そういう理由で、サイトを複数作成するには

データベースを30個作成出来る

ロリポップ!のチカッパ(500円/月)を契約する必要があります。


一つ下のお得なロリポプラン(300円/月)もありますが、

こちらはデータベースが1つだけとなりますので、

WordPressのサイトを複数作成する事が難しくなります。


それではデータベースの作成方法を説明します。

ロリポップ!にログインして頂いて、

WEBツール⇒データベースをクリック

「WEBツール」⇒「データベース」へ進みます。

以下のような画面になりますので、

「作成」をクリックしましょう。

データベース作成をクリック

チカッパプランでは、

データベースは30個まで作成できます。

つまりWordPressサイトを30サイト作れます。


作成したデータベースは、図にあるように

一覧表で表示されるようになりますので、

あとで確認して下さい。


作成をクリックすると、

次のような画面になります。

データベース作成方法

・作成するサーバー:

プルダウンからお好きなサーバーを選択。


・データベース名:

お好きな英数字でいいのですが、

あとで作成するWordPressサイトと関係した名前が良いです。

例えば、WordPressサイトの独自ドメインが5689pp.comなら、

データベース名を5689などにするのがいいでしょう。

あとでこのドメイン(サイト)=このデータベースと分るからです。


・接続パスワード:

お好きなパスワードを設定。

接続パスワードとは、あとでデータベースにログインする際に

必要になりますので、忘れないようにメモしておきましょう。


最後に「作成」をクリックすると、

確認画面がでますので、

OKなら「作成する」をクリックしましょう。


独自ドメイン(サイト)にWordPressをインストールする際、

このデータベースが必要になります。



データーベースを今回の記事の様に自分で作成しなくても、

独自ドメインにWordPressをインストールする際に、

「利用データベース」を新規自動作成にしてもOKです。

詳しくはリンク記事をご覧ください。



以上で、

ロリポップ!(チカッパ)における、

データベースの作成法の説明を終えます。





サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ