WordPress プラグイン All In One SEO Packの設定と使い方

WordPress プラグインAll In One SEO Packの設定と使い方です。

All In One SEO Pack

WordPressプラグイン厳選15個の追加と有効化の中の一つで、

賢威を利用してない方は、必ず入れておきたいプラグインです。

名前の通り、SEOに必要なものをこのプラグイン一つで実装する事が出来ます。


まずいつものように、

WordPress管理画面から、「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックします。


次の画面で、右にある検索窓に、

All In One SEO Packと打ち込みEntryを押します。

出てきたら、インストール&有効化して下さい。


All In One SEO Packの設定

有効化すると、

All in One SEO Pack

WordPress管理画面サイドバーに、All in One SEOが表れますので、

「General settings」をクリックします。


すると、「General settings」「Home Page Settings」「Kyeword Settings」

「Title Settings」「Custom Post Type Settings」「Display Settings」

「Webmaster Verification」「Google Settings」「Noindex Settings」

「Advanced Settings」と

たくさんの項目があり大変難しそうな感じを受けると思いますが、

大切な「Home Page Settings」だけ設定して下さい。


初心者は、必要最小限の箇所だけの設定にした方が、

ミス混乱が無く分りやすいと思います。

「Home Page Settings」だけ設定して頂ければ大丈夫です。

ここは、サイトの内容を検索エンジンに伝える箇所ですので、

正確に記入して保存しておきます。


①サイトタイトル

②サイトの概要(100文字~130文字ほど)

③サイトのキーワード(あなたの狙ったキーワード5つぐらいまで)


この3か所は正確に記入して下さい。

あなたのサイトが検索結果で表示された時に、

利用される箇所となります。

特に、サイトの概要(説明文)は大切で、ここを魅力的な文章にすると、

検索結果として表示された時に、あなたのサイトがクリックされやすくなります。


もちろんサイトを作成してからあとで変更しても大丈夫ですが、

出来れば早めに決定した方が良いです。


「Home Page Settings」の設定が終わったら、

とりあえずAll In One SEO packの設定は一旦終了です。


あとは、記事を作成するたびにAll In One SEO Packを使って、

記事の内容を検索エンジンに伝えていきます。


All In One SEO packを有効化すると、記事を作成する画面の下の方に、

All In One SEO packという箇所が表示されるようになりますので、

記事作成画面で記入するAll in One SEO Pack


記事を作成するたびに、毎回

①記事のタイトル ②記事の説明文 ③記事のキーワードの3か所を

記入していって下さい。

先ほどは、サイトのタイトル、説明文、キーワードを設定しましたが、

ここで記事のタイトル、説明文、キーワードを設定していく訳です。


ザックリ言うと、

All In One SEO packの基本的な役割はこれだけでも大丈夫です。


初心者はとにかく記事を書きまくる事が最優先ですので、

今はその他の項目の設定は放置して頂いて(理解しなくても)構いません。


私もあとで詳細を追加説明していくつもりですが、

ここでは割愛させて頂きます。







サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ