このカテゴリの記事タイトル (10記事づつ表示)

「WordPressプラグイン」の記事一覧

WPプラグインをまとめてインストール~Multi Plugin Installer

WordPressの新規サイト(立ち上げ直後)に、プラグインをインストールしたい場合、プラグインを一つづつインストールして有効化していましたが、Multi Plugin Installerを使えば、既存のサイトで使用してるWordPressのプラグインをそのまま新規サイトへまとめてインストールする事が出来ます。

WPプラグインAdmin Post Navigation、次の記事、前の記事のリンク

WordPressのプラグインAdmin Post Navigationで記事作成画面内に「前の記事」「次の記事」のリンクを表示させましょう。私も最近知ったWordPressのプラグインですが、使ってみて、何て便利なんだ!と思いました。

iPhoneの写真をWordPressへ スマホで縦になる対処法

iPhoneで撮影した写真をWordPressへアップロードする事があるのですが、パソコン表示だと正常に表示される写真が、スマホで見ると縦で表示されてしまう場合があります。この場合の対処方法は、WordPressのプラグイン「EWWW Image Optimizer」・・・

WordPress プラグイン All In One SEO Packの設定と使い方

名前の通り、SEOに必要なものをこのプラグイン一つで実装する事が出来ます。まずいつものように、WordPress管理画面から、「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックします。次の画面で、右にある検索窓に、All In One SEO Packと打ち込みEntryを押します。

WordPressのバージョン更新とプラグインの更新

私は何も考えずに更新作業をして、問題が発生した事がありますので、WordPressの更新作業は、充分注意して行う様にして下さい。この時、当サイトはまだ更新していませんが、この4.1.1はすぐに更新して良い数字で、この1つ前の4.1は、すぐに更新してはいけない数字という点が重要です。

WordPressが危険!?ブルーフォーストアタックで不正ログインされる

WordPressは不正ログインが常に狙われるブログソフトで、不正ログインを許すと、スパムメールの送信元になったり、不正サイトへの誘導サイトに使われたりと、スパム行為を行うサイトになってしまう事があります。WordPressのプラグイン「Limit Login Attempts」をインストール&有効化しておく事で・・・

記事作成に便利!WordPressプラグイン「AddQuicktag」設定方法

WordPressプラグイン「AddQuicktag」の説明です。記事を書く上で大変便利なプラグインとなりますので、必ず入れた方が良いです。AddQuicktagをインストールして有効化すると、記事作成画面の上に、次のような項目が追加されます。本当はもっと多いのですが、選別しています。

WordPressのバックアップはこれだ!「BackWPup」説明と設定

WordPressのバックアップ「BackWPup」の説明と設定についてです。記事を書いたら必ずバックアップを取る必要があります。ロリポップなら月300円で自動で保存しておいてくれますし、エックスサーバーは別途有料で買う事が出来ますが、この「BackWPup」を使えば無料で済むのでお得です。

警告! Could not update /・・の場合は、こうする!

ロリポップ!ユーザーが、WP Super Cacheを有効化しようとした場合、以下のような警告が出る可能性があります。警告! Could not update /home/users/2/(ユーザー名)/web/wp-config.php! WPCACHEHOME must be set in config file.

Googleウエブマスターツール サイトマップの送信方法

Googleウエブマスターツール「サイトマップの送信方法」をご説明します。記事を書き終え公開したら、必ずサイトマップを送信して、記事の存在をグーグルに認識してもらいます。これをやらないと、せっかく書いた記事が誰にも読まれない可能性が出て来ますので、今回、サイトマップの送信方法をしっかりと覚えましょう。
サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ