このカテゴリの記事タイトル (10記事づつ表示)

「セキュリティ」の記事一覧

WordPressのユーザー名を変更する方法

今ではユーザー名の変更を希望する方は、それ程いないかもしれませんが、ユーザ名が漏出したなどの理由により、ユーザー名の変更が必要な方もいらっしゃるかもしれません。一応ユーザー名の変更方法を説明しておきます。「ユーザー」⇒「ユーザー一覧」をクリックします。

iPhoneで撮影した写真をブログに掲載すると住所がばれます

iPhoneで撮影した写真をブログに掲載すると住所がばれます。正確には、住所と言うより、撮影した場所の緯度と経緯がばれます。外で撮影した写真なら問題ないかもしれませんが、自宅で撮影した写真をブログなどに掲載した場合に問題となるでしょう。

AppleとGoogleの2段階認証について

今回ご紹介するAppleとGoogleの2段階認証は、必ず設定した方が良いと思います。通常は、ログインIDとパスワードを入力すれば、ログイン出来ると思いますが、2段階認証を設定しておくと、スマホなどに送られてくる暗証番号の入力も必要になります。

WordPressのバージョン更新とプラグインの更新

私は何も考えずに更新作業をして、問題が発生した事がありますので、WordPressの更新作業は、充分注意して行う様にして下さい。この時、当サイトはまだ更新していませんが、この4.1.1はすぐに更新して良い数字で、この1つ前の4.1は、すぐに更新してはいけない数字という点が重要です。

楽天とYahoo!のログインIDを任意のIDへ変更する方法

私は不正ログインを2度経験しています。その2回とも、メールアドレスをログインIDとしていたところですので、楽天とYahoo!は早めに変更した方が良いと思います。まず「my Rakuten」にログインして下さい。上の画像にある様に、「会員情報管理」⇒「登録内容の確認・変更」をクリックして下さい。

アフィリエイトで使用するログインIDとパスワードについて

インターネット犯罪があとを絶ちませんが、使い回しのログインIDとパスワードで不正ログインをされて、登録してあるクレジットカード情報を使われて買い物をされたという方やLINEで友達からのなりすましメールを受信して、損失を与えられた犯罪などが頻繁に起きています。

WordPressが危険!?ブルーフォーストアタックで不正ログインされる

WordPressは不正ログインが常に狙われるブログソフトで、不正ログインを許すと、スパムメールの送信元になったり、不正サイトへの誘導サイトに使われたりと、スパム行為を行うサイトになってしまう事があります。WordPressのプラグイン「Limit Login Attempts」をインストール&有効化しておく事で・・・

不正ログインを防御!プラグイン「Limit Login Attempts」設定

今回ご紹介する「Limit Login Attempts」は、不正ログインの試行回数を制御するためのプラグインです。このプラグインを使用するには、まず「プラグイン」⇒「新規追加」より「Limit Login Attempts」をインストールして有効化して下さい。有効化後に個別の設定をするには、「設定」⇒「Limit Login Attempts」をクリックすると・・・

バレバレのユーザー名を変更するプラグイン「Edit Author Slug」設定

WordPressのユーザー名をばれないようにするプラグイン「Edit Author Slug」のご紹介です。WordPressは、世界各国から不正ログインが試されており、実際に被害に会われた方も大勢います(ブルーフォーストアタック)。出来ればバレバレのユーザー名を隠す必要があります。
サブコンテンツ

当サイトの記事一覧

アーカイブ

このページの先頭へ